リアル舞台なかのコンペ2022

創作部門とシニア部門は、映像による予選審査を行い、決選審査はリアル舞台で行います。

創作部門決選進出者は決選までにスタッフ打合せを行います。照明は可能な限りご希望に沿うよう努めます。

高校生部門、中学生部門、小学校高学年部門、小学校低学年部門は、予選なし決選です。

 

実施日 会場 

8月30日(火)@なかのZERO視聴覚ホール

創作部門、シニア部門 映像による予選審査

 

10月9日(日)@なかのZERO小ホール

創作部門、シニア部門 決選審査

高校生部門 予選なし決選審査

審査結果発表、表彰式

 

10月10日(月・祝)@なかのZERO小ホール

小学校低学年部門、小学校高学年部門、中学生部門  予選なし決選審査

審査結果発表、表彰式

 

受付期間

創作部門、シニア部門 6月10日~7月10日  ※申込みを締め切りました

高校生部門、中学生部門、小学校高学年部門、小学校低学年部門 8月1日~8月31日

 

分数 審査料 審査のポイント

  • 創作(年齢不問)                6分以内 映像予選15,000円 決選32,000円
  • シニア(高校卒業年齢以上) 4分以内 映像予選12,000円 決選17,000円
  • 高校生(該当年齢含む)   3分以内 ソロ15,000円 2,3人17,000円 4人以上17,000円に1人あたり2,000円追加
  • 中学生                            3分以内 同上
  • 小学校高学年(小4-6)         3分以内 同上
  • 小学校低学年(未就学~小3)3分以内 同上

※群舞で年齢が部門をまたいでも参加可能です。ご相談ください。

各部門とも、ジャンルを問わず「見る人に感動を与えることができるかどうか」という視点で、「技術」「個性」「芸術性」「ダンサーの輝き」などを総合的に審査する。

モダンダンス、バレエ、児童舞踊、コンテンポラリー、ストリート系ダンス、ジャズダンス、テーマパーク・ダンス、民俗舞踊等、舞踊の種類は問いません。

*バレエはヴァリエーションのほか、古典全幕に含まれるアンサンブルの抜粋・縮小・改訂版、あるいは創作も歓迎します。

 

審査員
片岡康子

なかの洋舞連盟

会長 正田千鶴  副会長 中野真紀子

アジア支部長 玄悕禎(予定)

岩本奈月 内田香 小林容子 小平浩子 妻木律子 寺村敏 藤原悦子

 

表彰・賞
各部門第1~3位なかの洋舞連盟賞
高校生・中学生・小学校高学年・小学校低学年の4部門については、指導者賞
その他各賞

申込方法

全てオンラインで受け付けます。

受付開始日からホームページが変更になります。⇒ nakanodancecompetition.tokyo (8月1日から)

①  ホームページの「なかのコンペ2022申込フォーム」から申し込む。(本ページ最下段、各受付期間中開設)

②  ①から1週間以内を目処に振込をする。※「映像セミコン」とは別の口座です

三菱UFJ銀行 中野支店(店番151) 普通預金口座0860951 なかの洋舞連盟

 

 

なかのコンペ2022 開催募集要項