トップページ

年齢・舞踊の種類を問わず東京なかの国際ダンスコンペティションで広いダンスの世界へ!

2022リアル舞台なかのコンペ開催

なかのZERO小ホールにて、3年振りのリアル舞台なかのコンペを開催いたしました。
審査結果はこちらからご覧いただけます。

各部門 第1位~第3位を発表いたします。
特別賞ほか各賞は、後日発表いたします。
全ての受賞者に、表彰状を後日郵送いたします。

2022映像なかのコンペ開催

10月6日(木)、なかのZERO本館 視聴覚ホールで「東京なかの国際ダンスコンペティション2022 映像なかのコンペ」を開催いたしました。
前方のスクリーンに映像を投影し、審査員は階段状の客席で審査しました。
受賞者には、10月の月内を目途に表彰状をお送りいたします。

審査結果はこちらからご覧いただけます。

 

メインイベント

  東京なかの国際ダンスコンペティション

アマチュアからプロまで…ジャンルを超えた審査
  • 東京なかの国際ダンスコンペティションは、「ジャンルを超えたユニークなコンペティション」として、なかのZEROホールを拠点に1999年から始まりました。海外は主にアジア諸国から、国内では30都道府県にのぼる地域から参加があります。技術、個性、芸術性、ダンサーの輝きなどを含めて「見る人に感動を与えることができるかどうか」を審査の視点におき、新星の発掘やダンスの発展と大衆化をはかることを目的に、舞踊の可能性を求めてきました。当コンペティションで輝くように生きる力を発揮した多くの方々が、国内外の舞踊界で活躍していらっしゃいます。広いダンスの世界からダンスを楽しみ挑戦したい多くの方の参加をお待ちいたします。

  なかのセミナーコンペティション

舞台で踊れて講評シートとアドバイス!
  • なかのセミナーコンペティションは、東京なかの国際ダンスコンペティション開催に先立ち、これと同じ会場で毎年開催しています。なかのコンペに参加するしないに関わらず、舞台で本番と同じように踊り、それに対して審査ではなく、複数講師からのアドバイスを「講評シート」と直接口頭とで受けることのできる機会です。「自分のダンスはどう評価されているか」「良い所はどこか」「もっと頑張るべきところはどこか」など、客観的な立場から複数のアドバイスを得ることは、貴重なセミナーであると好評を得ています。踊った本人はもとより、指導者にとっても大変有意義であるとの声が多く寄せられており、遠方からの受講者が年々増えています。
› 続きを読む