東京なかの国際ダンスコンペティション

アマチュアからプロまで…ジャンルを超えた審査
  • 東京なかの国際ダンスコンペティションは、「ジャンルを超えたユニークなコンペティション」として、なかのZEROホールを拠点に1999年から始まりました。海外は主にアジア諸国から、国内では30都道府県にのぼる地域から参加があります。技術、個性、芸術性、ダンサーの輝きなどを含めて「見る人に感動を与えることができるかどうか」を審査の視点におき、新星の発掘やダンスの発展と大衆化をはかることを目的に、舞踊の可能性を求めてきました。当コンペティションで輝くように生きる力を発揮した多くの方々が、国内外の舞踊界で活躍していらっしゃいます。広いダンスの世界からダンスを楽しみ挑戦したい多くの方の参加をお待ちいたします。
  なかのセミナーコンペティション
            舞台で踊れて講評シートとアドバイス!
  • なかのセミナーコンペティションは、東京なかの国際ダンスコンペティション開催に先立ち、これと同じ会場で毎年開催しています。なかのコンペに参加するしないに関わらず、舞台で本番と同じように踊り、それに対して審査ではなく、複数講師からのアドバイスを「講評シート」と直接口頭とで受けることのできる機会です。「自分のダンスはどう評価されているか」「良い所はどこか」「もっと頑張るべきところはどこか」など、客観的な立場から複数のアドバイスを得ることは、貴重なセミナーであると好評を得ています。踊った本人はもとより、指導者にとっても大変有意義であるとの声が多く寄せられており、遠方からの受講者が年々増えています。

 
2つの「なかのコンペ2022」受付中(8月1日〜8月31日)

なかのコンペ2022 開催募集要項
映像なかのコンペ2022
リアル舞台なかのコンペ2022

お問合せはお気軽に
なかの洋舞連盟事務局
[お問い合わせフォーム]
phone/fax:03-3916-4534
東京都中野区中央2-40-3

2つの「なかのコンペ2022」受付中(8月1日〜8月31日)

なかの洋舞連盟は、2020年と2021年の2回にわたり、コロナ禍の状況に鑑みてリアル舞台での事業を見送らざるを得ませんでした。しかし、2021年秋のTRIAL 2021(映像セミコン、映像なかのコンペ)を経て、今年はハイブリッドで再開します。

「東京なかの国際ダンスコンペティション2022」は、従来の舞台審査に加えて映像審査を設け、2本立てで行います。

なかのセミナーコンペティションは、従来の対面でのアドバイス方法を避け、すべて映像で行います。

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

それぞれのイベント名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


映像セミコン2022 ※申込を締め切りました。
映像なかのコンペ2022
リアル舞台なかのコンペ2022

 

映像なかのコンペ2022

  全部門、予選無し決選です。

受付期間
8月1日〜8月31日
実施日 会場
10月6日 なかのZERO視聴覚ホール
部門 分数 審査料 審査のポイント
• 創作(年齢不問) 6分以内   15,000円
• シニア(高校卒業年齢以上) 4分以内   12,000円
• 高校生(該当年齢含む)   3分以内   10,000円
• 中学生 3分以内   10,000円
• 小学校高学年(小4-6) 3分以内   8,000円
• 小学校低学年(未就学〜小3)3分以内    8,000円
※群舞で年齢が部門をまたいでも参加可能です。ご相談ください。

各部門とも、ジャンルを問わず「見る人に感動を与えることができるかどうか」という視点で、「技術」「個性」「芸術性」「ダンサーの輝き」などを総合的に審査する。

モダンダンス、バレエ、児童舞踊、コンテンポラリー、ストリート系ダンス、ジャズダンス、テーマパーク・ダンス、民俗舞踊等、舞踊の種類は問いません。
*バレエはヴァリエーションのほか、古典全幕に含まれるアンサンブルの抜粋・縮小・改訂版、あるいは創作も歓迎します。

• Trial 7(年齢不問)   6分以内   15,000円
新たなダンス表現として、舞台とは異なる映像世界での表現に挑戦しているかどうか、その表現が優れているかどうか、審査する。


審査員
なかの洋舞連盟
会長 正田千鶴  副会長 中野真紀子
アジア支部長 玄悕禎(予定)
岩本奈月 内田香 小林容子 小平浩子 妻木律子 寺村敏 藤原悦子

表彰・賞
各部門第1〜3位なかの洋舞連盟賞
高校生・中学生・小学校高学年・小学校低学年の4部門については、指導者賞
その他各賞
申込方法
全てオンラインで受け付けます
① ホームページの「映像なかのコンペ2022申込フォーム」から申し込む。(8月1日〜8月31日)

② ①から1週間以内を目処に振込をする。(ただし8月31日まで)
三菱UFJ銀行 中野支店(店番151) 普通預金口座0860951 なかの洋舞連盟

【お願い!】「リアル舞台なかのコンペ2022」と区別できるように、申込者名の前に「エ+1文字空白」を入れてください。部門名は必要ありません。(申込者名が表示されなくなるため)
例:エ ナカノヨウコ

③ 受付期間中に、対象となる作品の映像をギガファイル便で送信する。

映像撮影規定
1. 必ず申し込んだ本人の演技、または作品を撮影すること。
2. 昨(2021)年8月以降に撮影したものであること。他のコンクール等での録画は不可。
3.演技中は、指導者の指導や周りの人の声かけ、拍手などが入らないようにすること。
4.映像は1回撮りで、一切編集・加工・補正せず、撮影したそのままの状態であること。
5.撮影は原則屋内で、地明かりのみで撮影すること。衣裳の着用、メイクの有無は自由。
6.音楽は映像にあとから当てずに、必ず音楽を流している状態で撮影を行うこと。
7.原則として、撮影するカメラは固定し、横長画面で演技空間全体を正面から撮影すること。魚眼レンズは禁止。ただし、出場者が画面に収まりきらない場合は、出場者を追う程度の多少のカメラの移動は許容する。
8.終始、出場者の全身がはっきりと見え、映像と音声が鮮明であること。
※空間が広すぎると被写体が遠く小さくなってしまいます。10m×6m程度の範囲での撮影が見やすいようです。
※「Trial 7部門」は、No.4以降の規定は不問です。ただし、バーチャルキャラクター、CGは不可。

  • ギガファイル便での送信の仕方
    基本的な使い方は、こちらでご覧いただけます。
    ギガファイル便 動画講座|ギガファイル便 公式NEWS (gigafile.nu)
    https://news.gigafile.nu/tutorial
  • ファイル名は「部門名 申込者名 題名」にしてください。
     例:高校生 中野洋子 もみじ山公園通りの秋
  • <アップロード>タブの「保持期間変更」で保持期間を「100日」にしてください。
  • <アップロード>タブの所定箇所に映像ファイルをドラッグ&ドロップしてください。
  • 次に<アップロード>タブ隣の<封筒マーク>のタブをクリックします。
  • <封筒マーク>のタブ「メモ」欄に、ファイル名同様「部門名 申込者名 題名」を記入してください。
  • その下の「アップロード情報をメールで送信する」欄に、下記メールアドレスを記入してください。
     eizou@nakanodancecompetition.tokyo
  • その下の「受け取り確認(ダウンロード通知)を行う」欄は任意ですが、記入しておくと安心です。
  • 先程 eizou@nakanodancecompetition.tokyo を記入した「アップロード情報をメールで送信する」欄の横の「送信する」をクリックします。以上です。


    なかのコンペ2022 開催募集要項
    映像なかのコンペ2022申込フォーム(8月1日〜8月31日)
    ※「申込方法」「映像撮影規定」「ギガファイル便での送信の仕方」をよくお読みの上、お申込みください。

お申込み後の流れ
10月6日は審査員だけでの映像審査になりますので、会場にお越しいただく必要はありません。

審査結果は、10月6日もしくは翌10月7日をめどに、なかの洋舞連盟ホームページに掲載いたします。ご確認をお願い致します。

入賞者には、10月いっぱいを目途に表彰状をお送りいたします。

ページのトップへ

リアル舞台なかのコンペ2022

創作部門とシニア部門は、映像による予選審査を行い、決選審査はリアル舞台で行います。
創作部門決選進出者は決選までにスタッフ打合せを行います。照明は可能な限りご希望に沿うよう努めます。(※創作部門とシニア部門は申込を締め切りました)

高校生部門、中学生部門、小学校高学年部門、小学校低学年部門は、予選なし決選です。

実施日 会場 
8月30日(火)@なかのZERO視聴覚ホール
創作部門、シニア部門 映像による予選審査 ※申込を締め切りました

10月9日(日)@なかのZERO小ホール
創作部門、シニア部門 決選審査
高校生部門 予選なし決選審査
審査結果発表、表彰式

10月10日(月・祝)@なかのZERO小ホール
小学校低学年部門、小学校高学年部門、中学生部門  予選なし決選審査
審査結果発表、表彰式 

受付期間 
創作部門、シニア部門 6月10日〜7月10日 ※申込を締め切りました
高校生部門、中学生部門、小学校高学年部門、小学校低学年部門 8月1日〜8月31日

部門 分数 審査料 審査のポイント

  • 創作(年齢不問) 6分以内 映像予選15,000円 決選32,000円
  • シニア(高校卒業年齢以上) 4分以内 映像予選12,000円 決選17,000円
  • 高校生(該当年齢含む)
     3分以内 ソロ15,000円 2,3人17,000円
     4人以上17,000円に1人あたり2,000円追加
  • 中学生         3分以内 同上
  • 小学校高学年(小4-6) 3分以内 同上
  • 小学校低学年(未就学〜小3)3分以内 同上
    ※群舞で年齢が部門をまたいでも参加可能です。ご相談ください。

各部門とも、ジャンルを問わず「見る人に感動を与えることができるかどうか」という視点で、「技術」「個性」「芸術性」「ダンサーの輝き」などを総合的に審査する。

モダンダンス、バレエ、児童舞踊、コンテンポラリー、ストリート系ダンス、ジャズダンス、テーマパーク・ダンス、民俗舞踊等、舞踊の種類は問いません。
*バレエはヴァリエーションのほか、古典全幕に含まれるアンサンブルの抜粋・縮小・改訂版、あるいは創作も歓迎します。


審査員
片岡康子 
なかの洋舞連盟
会長 正田千鶴  副会長 中野真紀子
アジア支部長 玄悕禎(予定)
岩本奈月 内田香 小林容子 小平浩子 妻木律子 寺村敏 藤原悦子

表彰・賞
各部門第1〜3位なかの洋舞連盟賞
高校生・中学生・小学校高学年・小学校低学年の4部門については、指導者賞
その他各賞
申込方法
全てオンラインで受け付けます
① ホームページの「リアル舞台なかのコンペ2022申込フォーム」から申し込む。(8月1日〜8月31日)

② ①から1週間以内を目処に振込をする。(ただし8月31日まで)
三菱UFJ銀行 中野支店(店番151) 普通預金口座0860951 なかの洋舞連盟

【お願い!】「映像なかのコンペ2022」と区別できるように、申込者名の前に「リ+1文字空白」を入れてください。部門名は必要ありません。(申込者名が表示されなくなるため)
例:リ ナカノヨウコ


なかのコンペ2022 開催募集要項
リアル舞台なかのコンペ2022申込フォーム(8月1日〜8月31日)

お申込み後の流れ
9月半ばを目途に、参加証、審査順など当日の詳細をお送りします。
また、題名・氏名の確認、傷害保険に必要な情報のお預かりをいたします。

ページのトップへ

Copyright © NakanoDanceAssociation(なかの洋舞連盟)2022 All Rights Reserved